清正の堤防が造った
湖と水田の風景の中を歩く

江津塘・メイン

 天正16年(1588年)に加藤清正が肥後入国する頃まで、江津湖の辺りに湧き出した地下水は周辺地域に流れ出ていたため、一帯には湿地が広がっていた。清正は治水工事を行い、「江津塘」と呼ばれる長大な堤防を築き、その沿岸部に新たな耕作地を生み出した。

 清正の工事は同時に江津湖を形成し、後に熊本藩主となった細川氏はその上流部に水前寺成趣園という大規模な庭園を築いた。加勢川の源流から江津湖の水辺をたどり、水田地帯を目にして、江津塘の上を歩く、約10 kmの徒歩の旅。

下江津湖・メイン

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。