水前寺と庭園造り

案内板
健軍方面に向かって左側の歩道にある案内板。

 路面電車の「水前寺公園」停留所から、標識に従い水前寺成趣園へ向かうと小さな川に架かる「水前寺小橋」、その先に水前寺成趣園の正門に続く参道入り口がある。

 熊本細川藩初代藩主の忠利が寛永13年(1636年)、地下水が湧き出していたこの地に「国府御茶屋」と豊前(大分県)から来た僧の玄宅のために寺を設けたのが、水前寺成趣園の始まり。寺が「水前寺」と名付けられたことから「水前寺御茶屋」とも呼ばれ、その後、寺は移転し「玄宅寺」に改められた。
 寛文10年(1670年)、水前寺御茶屋は茶室と茶庭だけになっていたが、3代藩主の綱利が大規模な庭園造りを行い現在のようになったという。「成趣園」という名はこの時に付けられた。

参道
水前寺成趣園に続く参道。土産物店に熊本名物が揃う。

 かつて参道の入り口では、細川藤孝(幽斎)の没後300年を記念して明治43年に建てられた大鳥居が訪問者を出迎えていた。しかし、「平成28年熊本地震」によって崩壊してしまい、その跡が路面に残るだけとなっている。

 土産物屋などが立ち並ぶ参道の正面に、水前寺成趣園の入り口が見える。その手前で左の道に入った先に「水前寺廃寺跡」の石碑が立つ。奈良時代に創建され平安時代まで続いたという古代の寺院で、高さ30mを超す三重塔を備えていたという。
 石碑からコンクリートの塀を隔てたすぐ近くに、現在の「玄宅寺」がある。

玄宅寺
出水神社横の駐車場の片隅にたたずむ玄宅寺。


水前寺成趣園

 水前寺成趣園の正門から園内に入ると、植え込みの先に池があり、所要時間20分間ほどの散策コースが設けられている。

長寿の水
湧き出す清水は神水「長寿の水」と呼ばれている。

 池に架かる石橋を渡った左手に社殿が見える。藤孝や忠興および歴代藩主などを祭る明治11年創建の出水神社で、水前寺成趣園はその中にある庭園だ。

 芝生の間に延びる通路を進むと、道沿いには富士山をほうふつとさせる築山や、藤孝と忠利の銅像などがある。能楽殿の前を過ぎた辺りで、池に湧き出た清水が敷地外へと流れ出ており、さらに進んだ所に「古今伝授の間」が立つ。

幽斎と忠利の像
細川藤孝(幽斎)と孫の初代熊本細川藩々主忠利の像。

 かつてこの庭園は、清水が湧き出す池に小島や庭石、その周囲に芝山や樹木などが配された、阿蘇山を借景にした回遊式庭園で、壮麗な建物もあったという。しかし6代藩主重賢による、困窮した藩財政を立て直すために行われた宝暦の改革の際に、茶室の「酔月亭」だけを残し他の建物はすべて撤去され、明治10年の西南戦争ではその酔月亭も焼失してしまった。

水前寺成趣園
湧水は水前寺成趣園の南側から敷地外へ流れ出ていく。

 古今伝授の間はもともと京都御所にあったもので、後陽成天皇の弟である八条宮(桂宮)智仁親王の書院兼茶室だった建物。細川藤孝が、智仁親王に『古今和歌集』の解釈の奥義を伝授したという場所でもある。建物は現在の京都府長岡京市の長岡天満宮に置かれた後、細川家に与えられ、大正元年に水前寺成趣園の酔月亭跡に移築復元された。
 時代の移り変わりとともに水前寺成趣園の周辺には建物が増え、往時の景観とは異なるものの庭園内には優美な風景が残る。かつて酔月亭が置かれ、現在古今伝授の間が立つ場所が、築山や周囲の緑、清水が湧く泉をひと目にできる、庭園美が最も楽しめるポイントだろう。

古今伝授の間
「古今伝授の間」から見る庭園の眺め。

 水前寺成趣園が一般に開放されるようになったのは明治時代になってからのこと。その後、熊本を代表する観光スポットの一つになっている。


藻器堀川

 入園した正門から参道に戻り、左側の土産物店の間の路地に入ると、最初に見た川の下流側に出る。
 この川は藻器堀川(しょうけぼりがわ)という、全長約4 km、流域面積約3平方kmの小さな川。市街地を抜けて流れてきた川の水は、この辺りではかなり澄み切っている。

藻器堀川
藻器堀川に架かる烏渡橋下流の川の流れ。

 烏渡橋を渡ると川面を左手に見下ろし、対岸で流れ落ちる水はたった今、地下から湧き出したことが感じられるほどに透明度が高い。水前寺成趣園の池の湧水が、そのまま流れ込んでいる所がこの川である。
 烏渡橋に表記されている川の名称は「藻器堀川」で、その200mほど下流の宮園橋では「加勢川」に変わる。藻器堀川とともに水前寺成趣園内の池が源流となり加勢川の流れが始まる。

宮園橋
ここから加勢川は江津湖に向かって流れていく。
マップ・水前寺成趣園界隈

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。