2人の文豪が明治の熊本で見た
風景の面影をたどる町中散歩

新坂・メイン


 ラフカディオ・ハーン、後の小泉八雲が熊本で過ごしたのは、明治24年11月からの約3年間。夏目漱石は明治29年4月からの約4年3カ月間を過ごした。2人がいた頃の熊本は、陸軍の第6師団が置かれた軍事都市だった。

 ハーンは西南戦争の14年後から日清戦争が開戦した直後まで、漱石はその終戦の翌年から日露戦争開戦の4年前まで、五高の学生たちに英語を教えた。2人が過ごした住居跡や五高など、ゆかりの地をたどりながらその目に映った風景の面影を探す。

石仏・メイン

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。