ハーンが見た明治の熊本

小泉八雲熊本旧居
賑やかな通りの裏手に立つ「小泉八雲熊本旧居」。

 「水道町」交差点のほど近く、蓮政寺公園に「小泉八雲熊本旧居」がある。もとは正面に立つデパートの場所にあった建物だ。現在は資料館として公開されており、ハーンが頼んで作ってもらったという神棚や、熊本での暮らしぶりが垣間見られる資料などが展示されている。

 旧居から100mほどの所にある四つ角を左に折れ駕町通りに入り、銀座通りに出たら右へ。下通りアーケード街の信号を通り過ぎたすぐ右手、ホテルの壁面に漱石が住んでいた光琳寺町の家があったことを伝えるレリーフが掲げられている。

漱石レリーフ
漱石は鏡子と光淋寺の家で結婚した。

 いずれの家も、2人にとって熊本で初めての借家であった。この辺りは熊本城に近い。ハーンや漱石がいた当時、軍事都市だった町の雰囲気は、現在とは程遠いものだった。

 明治4年、全国4カ所に設置された陸軍の鎮台の1つが鎮西鎮台として熊本に置かれ、2年後に熊本鎮台と名を改めて本営が熊本城に移された。明治21年に第6師団となり、ハーンが熊本にいた明治26年の地図には、熊本城内の司令部や歩兵第13連隊、城下の騎兵営や練兵場などが描かれている。明治27年に開戦した日清戦争では第6師団から出征した兵員たちが凱旋時に熊本の人びとに歓声をもって出迎えられ、明治37年の日露戦争では第6師団が編成した部隊の6万人を超す兵が戦場に送り出された。

銀座通り歩道橋
銀座通りの先の交差点。横断歩道を渡り左へ進む。

 銀座通りを抜けると、陸軍の「歩兵第二十三聯隊」が置かれていた花畑公園が近い。
 第6師団では正午を知らせる午砲が放たれ、起床と就寝時にはラッパが吹かれていたという。ハーンはいくつかの作品で、戦時ムードが漂う町の様子を描いた。『願望成就』の冒頭には、「衢(ちまた)には、白い軍服と、ラッパの音と、引かれてゆく砲車のひびきとが、みちあふれていた」とある。

花畑公園
かつては花畑公園の一帯に軍事施設が集まっていた。

 ハーンは春日駅、現在のJR熊本駅に到着した後、この辺りの道を通って不知火旅館に向かった。おそらくその際、現在の花畑公園一帯にあった、広大な練兵場などの軍事施設を目にしたのであろう、熊本の第一印象を次のように述べたという。
 「やや、がっくりさせられる。小屋や兵舎、そればかりか、でかい兵営の立ち並ぶ荒野と言うべきものだった」


白川の橋

熊本城
「辛島公園前」交差点の北側に熊本城の天守閣を望む。

 花畑公園を右にそのまま歩道を直進し、150mほどの所で横断歩道を渡り、右へ。「辛島公園前」交差点で左の道に入り、路面電車の通りを横切りさらに直進する。200mほど進んだテレビ局の角に、森鴎外の小説『阿部一族』のモデルとなった阿部屋敷、さらに50mほど先には細川藩の医学校「再春館」の跡地の説明板が立つ。

国道3号手前
再春館跡の先には国道3号が横切る。長六橋はすぐ。

 目の前を横切る国道3号は、白川に架かる長六橋に続く。橋の名前は、慶長6年(1601年)に架橋されたことによる。
 この橋は加藤清正が築いたもので、城下で白川に架かる橋は戦略上の理由により、当時この長六橋だけだった。その状態は安政4年(1857年)に安巳橋が架けられるまで続き、その次に架けられたのが明治3年の明午橋。明治10年に起きた西南戦争の際、城下の白川に架かっていた橋はこの3本のみだった。

長六橋
鹿児島方面へ続く国道3号が通る長六橋。

 西南戦争から14年後の熊本に来たハーンには、戦争を体験した人びとから生の声を聞く機会は豊富にあったと思われる。小説『橋の上で』の中で、車夫が西南戦争で体験したことを回想するシーンを描いた。
 その場所が、白川に架かる橋の上でのこと。車夫の目の前で農夫に扮した3人の薩摩兵たちが、通りかかった官軍の将校らを次々と惨殺したというもの。そのモデルとなった橋が、長六橋だったともいわれる。

 長六橋からは、白川沿いの歩道を下流側に向かう。坪井川と白川を隔てる、加藤清正が築いた石塘の上を過ぎた左手が白川橋、右手にはJR熊本駅が見える。
 明治24年11月19日、駅に降り立ったハーンの熊本での生活は、五高の嘉納治五郎校長に出迎えられて始まった。

坪井川に架かる春日橋を渡るとJR熊本駅はすぐ。
マップ・熊本駅へ

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。