夏目漱石像と上熊本駅前停留所
夏目漱石像。背後は路面電車の「上熊本駅前」停留所。

 漱石が池田駅、現在のJR上熊本駅に降り立ったのは、明治29年4月13日。第五高等学校(五高)に勤務していた友人の菅虎雄を介して校長に招かれ、愛媛県の松山から、五高の英語講師として熊本に来た。駅前の三差路脇には、大正時代の雰囲気を漂わせる路面電車の駅舎を背景に、漱石の銅像が立っている。

京町本丁漱石記念緑道
坂道を上り切った道沿いの「京町本丁漱石記念緑道」。

 漱石が菅に出迎えられて人力車で坪井方面へ向かった道を、JR上熊本駅の前から路線バスでたどる。京町の坂を上り切って左手に見える大木の並木道は、樹齢100年を超すクスノキが続く「京町本丁漱石記念緑道」。バスは県道303号が横切る「京町本町」交差点を過ぎて200mほど直進し、前方の眺望が開けてくるとやがて新坂の下り坂。


新坂の風景

 新坂からの眺めは、眼下に町並み、左手になだらかに稜線を描く立田山、遠くに阿蘇や九州山地の山並みを望む。

新坂
新坂から東側を望む。眼下には坪井の町並み。

 この坂からの風景を見た漱石は「森の都」と口にしたというが、実のところ本当に言ったのか定かではない。しかし、明治41年2月9日付けの九州日日新聞で、当時を振り返って次のように語っている。
 「新坂にさしかかると、豁然(かつぜん)として又驚いた、そしていい所に来たと思つた、彼処から眺めると、家ばかりな市街の尽くるあたりから、眼を射る白川の一筋が、限りなき春の色を漲らした田圃を不規則に貫いて、遥か向ふの蒼暗き中に封じ込まれて居る、それに薄紫色の山が遠く見えて、其山々を阿蘇の煙が遠慮なく這い廻つて居るといふ絶景、実に美観だと思つた」


坪井の旧居跡

内坪井バス停
壺川小学校の校庭沿いにある「内坪井」バス停で下車。

 坂を下り切った「内坪井」停留所で下車して、バスが来た方向へ50mほど戻り交差点を左折する。200mほど直進した所が、漱石の直筆原稿や熊本滞在時の写真などを展示している「夏目漱石旧居」。

 漱石は熊本到着後、当初1カ月間ほど菅宅にいた後、光琳寺町に転居し、さらに5軒の家に移り住んだ。その光琳寺町の家から数えて5番目の家がここ。長女の筆子が生まれた際に産湯につかったという井戸や、漱石の生徒だった寺田寅彦が押しかけて来た時のエピソードが残る馬丁小屋などがある。

漱石坪井旧居
現存する漱石が住んだ家はここを含めて3カ所のみ。

 内坪井町は熊本城に近く、旧居の周辺には、宮部鼎蔵や横井小楠といった、幕末から明治にかけて活躍した人びとの足跡が残り、徒歩5分ほどの所には、漱石と同じく五高で教鞭をとった、ハーンの旧居跡もある。

 漱石の旧居から道を引き返し、最初の信号を右折。坪井川に架かる観音橋を渡り、「坪井一丁目公園」沿いの四つ角を左に入った所に、ハーンの旧居があったことを記す碑が立つ。

観音橋
坪井川の観音橋を渡るとハーン2番目の旧居跡が近い。

 明治24年(1891年)11月、島根県の松江を出て熊本に到着したハーンは、現在の上通りにあった「不知火館」という宿で数日間を過ごした後、手取本町の借家で暮らし始め、明治25年11月にこの坪井の家に転居して来た。
 長男の一雄が生まれ、『知られぬ日本の面影』を執筆して、熊本を去るまで過ごした家である。ここでのハーンは、広い庭の築山に標的を置いて弓の練習をしたこともあったという。

マップ・坪井へ

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。