カルデラと外輪山を持つ
熊本市内の二重式火山を体感

金峰山・メイン

 熊本市内には火山がある。それもカルデラと外輪山を持つ二重式火山だ。繁華街から直線距離で約7 kmとほど近く、熊本市民に最もなじみのあるといえる、標高665mの金峰山を中心とする山地である。優しげな山容の金峰山は、火山活動により造られた釣り鐘状の溶岩ドーム。カルデラ内には集落があり、それを外輪山が取り巻く。金峰山の周囲に見える、荒尾山や三淵山、さらには二ノ岳や三ノ岳なども外輪山だ。

 夏目漱石は、東側の外輪山を登り、カルデラ内を歩き、峠を越えて玉名の小天温泉へと向かった。宮本武蔵は、金峰山の西の斜面にできた洞窟に籠もり、『五輪書』を記した。金峰火山のカルデラと外輪山を体感するドライブの旅。

外輪山と有明海・メイン

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。