坪井川橋
国道501号が通る坪井川に架かる坪井川橋の上流側。

 国道501号で坪井川橋を渡ったら、300mほど走った交差点で県道28号へ左折。平地が広がる中に真っすぐ延びる道路に入ると、右手にこんもりとした緑が見える。森のようではあるが、実は御坊山という山。数十段の階段を上った山頂には小島阿蘇神社が立つ。
 はるか昔、御坊山は海にぽっかりと浮かぶ小さな島だったことが、「小島」という地名の由来になったという。 

御坊山
県道の右手に見える御坊山。左手前方には城山や独鈷山。

 御坊山から北東方向には、城山・独鈷山・万日山・花岡山・茶臼山・立田山・岩倉山の小高い山々がほぼ直線状に続き、標高と面積が徐々に大きくなっている。金峰火山の外輪山との間に坪井川・井芹川・京町台地が通っているものの、外輪山とこれらの山々との地質は同じ。いずれも安山岩質溶岩や火山角礫岩、凝灰角礫岩といった火山噴出物などから形成されており、もとはひと続きになっていたという。

南側からの金峰山
南側の平野部から外輪山越しに望む金峰山。


立田山断層

 この御坊山から続く山々の金峰山側をかすめるように、北区清水町辺りまでの約15 kmには、立田山断層と呼ばれる活断層が通っていると考えられている。 

高橋稲荷大橋
高橋稲荷大橋から見る手前の城山とその先の独鈷山。

 明治22年7月28日の日付が変わろうとする深夜、現在の熊本市を中心とするエリアで、マグニチュード6.3、震度5以上とみられる大地震が起こった。「熊本地震」と呼ばれ、死者20人、建物全壊239棟などの被害が生じている。立田山断層の活動が原因という。 
 陸軍第6師団が置かれていた熊本城の石垣などが崩れ、高橋地区の家屋や坪井地区の寺院の墓石が倒壊し、芳野地区の地面が裂けた写真が残されている。 
 なおこの熊本地震は明治13年の地震学会発足以来、都市部に発生した大型地震として初めて調査が行われたものでもある。

井芹川沿いの山々
立田山方面へ続く井芹川沿いの小高い山々。

 県道28号の「下代入口」バス停の先にある交差点を左折して1 kmほど直進し、朱塗りの高橋稲荷大橋で坪井川を渡り、「高橋町」交差点を右へ。県道237号を200mほど行くと、井芹川との合流点近くに架かる池ノ上橋。橋を渡ってすぐを左折し、独鈷山と井芹川の間に延びる道をさらに進むと、JR熊本駅前にある万日山と花岡山の西側からの姿が見える。 

井芹川越しの金峰山
井芹川越しの西側に金峰山山頂を望む。 

 横手地区で県道237号から左斜め前方に延びる道に入り、熊本横手郵便局前を過ぎると、左手に西山中学校がある。金峰火山の山々は、熊本市の西にある山ということで、「西山(せいざん)」とも呼ばれている。 

 そのまま道なりに進むと路面電車の通り。左折して線路沿いに走れば、コースの最初に通った「本妙寺入口」停留所を過ぎて、JR上熊本駅の前に到着する。

マップ・上熊本駅へ

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。