海だった熊本の中心部

 約9万年前、有明海の海面は今よりも数十m低かったそうだ。そこへ阿蘇の大噴火が起こり、現在の熊本市域には最大で50mほどの火砕流が堆積した。2万年前ごろになると温暖化により海面が上昇し、6000年前ごろには現在より2mほど海面が高く海岸線は内陸部にあった。渡鹿(中央区)や沼山津(東区)、川尻などの辺りまで湾が入り込んでいたという。
 縄文時代に海面が下がり、上流部から運ばれてきた土砂が河口部に堆積することにより生まれた沖積平野が、熊本平野だ。

西熊本駅
JR鹿児島本線の西熊本駅。高架下を県道51号が通る。

 国道3号と国道57号が出合う「近見」交差点の西約600mの所にJR西熊本駅がある。この駅から南北に延びる線路の西側の平野部は特に標高が低い。駅周辺は海抜6mほどで、海に近づくほどわずかに高度を下げていく。しかしその勾配は体感できるものではなく、クルマで走っていると平らな道が続くだけだ。

橋
白川に架かる薄場橋。渡ってすぐ左折して土手の道へ。

 県道51号で JR西熊本駅の横を過ぎて600mほど進んだ薄場歩道橋がある交差点を右折すると、やがて白川に架かる薄場橋。有明海の河口から8 kmほどの地点にあり、上流側には新幹線とJR鹿児島本線の鉄道橋が見える。

 薄場橋を渡りすぐに左折すると、しばらくは白川右岸の土手の上の道。右手には数m下がった平坦地の町並みがあり、その先には金峰山地の山々が壁のように東西に延びている。山の麓近くを流れる坪井川と300m~1.8 kmの間隔を空けて、ほぼ平行に白川が有明海まで流れていく。


熊本平野の成り立ち

河口から6 km上流
右岸から見る有明海の河口から6 kmほどの上流部。

 熊本市域で有明海に注ぎ込む主な河川は、金峰山地南側の坪井川と白川、緑川の3つ。これらの川はそれぞれ北の植木、東の阿蘇、南西の山都方面から、大小の支流の流れを取り込み、河口まで土砂を運ぶ。中でも阿蘇山のカルデラ内に源流がある白川によって、熊本平野の大部分が造り上げられた。

金峰山地
白川の土手から北側に見る金峰山地。中央が金峰山。

 周囲約130 kmの広大な阿蘇カルデラに降った雨は、一部は地面にしみ込み、一部は蒸発し、残りが川へ流れ込む。白川はカルデラ内の南側を流れ、北側を流れてきた黒川と西の立野地区で合流し、大津町と菊陽町を経て、熊本市の中心部へと向かっていく。大雨が継続してしまえば、水は地下にしみ込まなくなり、蒸発もせず、緩んだ地面の土砂とともに川に流れ込み、白川は水かさを増した泥流となる。
 白川の氾濫に関する記録は古代から残されており、昭和28年の大水害では、火山灰を含む大量の泥土が町中にあふれ出た。白川が熊本市の繁華街に最も接近する、子飼橋や大甲橋、長六橋の付近では、泥土が75 cm以上堆積している。
 それは、白川沿岸部に多くの人びとが住むようになってからは、まれな大水害ではあったが、はるか昔から営々と続いている白川の自然現象の1つ。白川が阿蘇から下流部に土砂を運び続けていることが、熊本平野を造り上げた最大の要因でもある。

熊本港大橋
海上に架かる熊本港大橋。一直線に道が延びる。

 薄場橋から約2 kmの所で八城橋を過ぎると、しばらく間、土手を左手に見上げるようにして走る。道が直角に近いカーブになったらすぐに国道501号に出て、Uターンするように左折すると白川に架かる小島橋。白川はここから下流側には橋は架かっておらず、有明海の河口へと続いていく。
 橋を渡りすぐに右折すると、今度は白川左岸の土手の上の県道233号。左手に田園風景を見渡し、土手から降りるとやがて道は左に大きくカーブする。県道51号の「沖新町」交差点で右折すると海上に架かるアーチ状の熊本港大橋。橋の北側の先に白川河口がある。

白川河口
熊本港大橋の北側約1.5 kmの所に白川河口がある。
マップ・熊本港へ

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。