鎌倉時代に始まった干拓

新開大神宮の案内
コースはこの看板の先、信号がある四つ角を左へ。

 熊本平野の沿岸部で最初に干拓が行われた頃、海岸線は現在よりも4 kmほど内陸に入った国道501号の辺りだったという。

  鎌倉時代の弘安元年(1278年)、僧侶の寒巌義尹(かんがんぎいん)により、銭塘の地が開かれたことがこの地での干拓の始まりとされる。寒巌義尹は、順徳天皇もしくは後鳥羽天皇の子といわれる人で、宋からの帰国後に川尻で大慈禅寺を開いた。「銭塘」の地名は、中国の「銭塘陂」という所に風景が似ていたことが由来という。干拓地に村ができた頃、寒巌義尹が創建したといわれる神社が歳星宮(さいせいぐう)である。

新開大神宮
明治時代の「神風連」にもゆかりのある新開大神宮。

 また、室町時代の文安2年(1445年)には、太田黒孫七郎が伊勢神宮を勧請して新開大神宮を創建した。当時、その周辺にまで海水が及んでおり、孫七郎が干拓したともいわれている。

 「中原町」交差点で右折して、600mほどの所で小さな流れの除川を渡り、県道229号との交差点を1 kmほど直進して左の道に入る。やがて水田風景の中に見えるこんもりとした緑が新開大神宮。さらに南下して道なりに進んだ所にある小さな神社が歳星宮。社殿の周囲にも平坦地に水田が一面に広がっている。

歳星宮
寒巌義尹の両親を祭るという歳星宮。


天明新川と緑川

 歳星宮の南、500mほどの所で県道50号に出たら左へ。小さな橋の手前の信号で右折し、天明新川の流れとともに川沿いの道を下流側へ走る。

 加藤清正は、白川の渡鹿(中央区)に堰を築き用水路を設け、熊本平野南部の耕作地に農業用水をもたらした。しかし、白川は火山灰土のため水を地下に浸透させやすく、渇水することもある。この渇水を補うためと、水害の際の排水のため、江戸時代の天明年間(1781―1789年)に土地を開削して造られたのが、人工河川の天明新川である。この川の工事のために飽田郡や託麻郡など周辺地域の5郡18手永から、延べ18万人もの人員が動員されたという。

天明新川沿いの道
熊本平野を貫く全長約12 kmの天明新川沿いの道。

 裏橋で川を渡り左の道へ。300mほど走った三差路を右折すると、やがて緑川と加勢川の合流点が見える土手の上に出る。

 緑川は、宮崎県との県境に近い九州山地の三方山(山都町)に源流を発する全長約76 kmの一級河川。川は美里町や甲佐町の緑の中を抜け、熊本市南区の平野部を通り、有明海に注ぎ込む。その流れは、九州山地の森林地帯などから取り込んだ豊かな栄養素を、耕作地の土壌や農作物にもたらしている。

緑川と加勢川の合流地点
緑川と加勢川の合流地点。左手に六間堰がある。
マップ・緑川へ

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。