西南戦争の激戦をもたらした
官薩両軍がたどった道

田原坂・メイン

 植木には2本の国道が通る。町を南北に貫く国道3号は北九州市と鹿児島市を結び、国道208号は玉名・大牟田市を経て佐賀市へと続く。江戸時代にはそれぞれの方面へ、豊前街道と三池往還が延びていた。明治10年の西南戦争では、官軍の応援部隊が久留米から二手に分かれ、これらの道で熊本城を目指し、薩摩軍はそれを植木で阻もうとした。

 至る所で戦闘が繰り広げられたこの町には、その戦跡とともに、往時の面影を残す豊前街道や、この地を支配した内空閑氏の山城跡などがある。阿蘇や筑肥山地を見渡す平野に湯も湧く。小野小町の父親という小野良実や、俳人・種田山頭火も過ごした植木の町。その町境の道を中心にたどる。

半高山・メイン

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。