植木の温泉

西宮原交差点
植木町最北端部、国道3号の「西宮原」交差点。

 筑肥山地の山並みが見える高台の道から下り坂に入り、民家の間を抜けた国道3号の「西宮原」交差点の辺りが植木町の最北端。それまでとは異なり、しばらくはほとんど傾斜のない道が田園風景の中に続くようになる。国道3号を通り過ぎて南東方面へ向かうと宮原温泉、さらに進んだ合志川の手前の芦原地区にも温泉が湧く。

阿蘇と鞍岳
合志川の土手から見る阿蘇や鞍岳の山並み。

 植木の北隣にある山鹿市の平山温泉辺りから、南東20 kmほどの菊池市泗水までのエリアには、温泉構造線が走るという。このライン上に、宮原や芦原を含む植木町の温泉が湧く。
 合志川沿いの植木温泉には川の両岸の畔に温泉宿が立ち並び、上流側へ向かえば温泉の入浴施設が点在する。

植木温泉
温泉旅館や入浴施設が立ち並ぶ植木温泉。


七国神社

 県道199号を経て宝田橋で合志川の左岸へ。最初の交差点で左折すると、1 kmほどの所に小さな橋が架かる小野川。その約3 km上流の小野泉水公園には、小野小町の像を安置する小町堂があり、その背後から見守るように立つ七国神社は、この地に流罪となった小町の父とされる小野良実ゆかりの社。

古閑橋
小野川に架かる古閑橋。小野泉水は右へ。

 良実の流罪は、虚偽の告げ口で罪を着せられたことによるとも、父・篁(たかむら)の罪に連座してのことともいう。
 良実が横山山麓のこの地に来たとされるのは、平安時代初期の承和6年(839年)。その時すでに、天照皇大神・田心姫神・鵜萱葺不合神・神武天皇の4柱を祭る祠があった。良実は、くる日もくる日も山に登り日本の将来を憂えていたある日、「七カ所の霊社の神々を横山の麓の神社に合わせまつるように」との天の啓示を受けた。その言葉により7柱の神々を合祀したとされるのが七国神社。
 なお、良実が京に戻されたのは、篁が許された翌月の承和7年(840年)3月だった。

七国神社
池から古びた石段を上った七国神社。


味取観音堂

 県道329号に入ると道は緩やかな上り坂になっていく。高台に延びる道から右手に並んで見える3つの山は、左から横山、岩野山、平尾山。

植木三山
写真左が横山。岩野山と平尾山の間に国道3号が通る。

 平尾山にある瑞泉寺は別名を「味取観音堂」といい、漂泊の俳人・種田山頭火が1年間ほど過ごした所。明治15年、山口県に生まれた山頭火が熊本に来たのは大正5年のこと。大正13年師走、酒に酔い運行中の電車を停める事件を起こしたことがきっかけで中央区坪井の報恩寺で出家し、翌年3月5日に味取観音堂の堂守となった。味取での山頭火は、座禅や読経、掃除などを行い、近所の子どもたちに読み書きなどを教え、生活は托鉢によりまかなっていたという。しかしそれも長くはなく、翌春大正15年4月10日に植木を去った。行乞の旅の始まりである。

山頭火像
山頭火が詠んだ歌も残る瑞泉寺。「味取」交差点そば。

 コースは熊本市と合志市の境界線の辺りをたどり県道30号に出て右へ。高速道路の高架を抜けると、晴れていれば夕暮れ時に正面の三ノ岳や半高山などの山並みに夕景が広がる。そのまま直進すると、2 kmほどで植木学校跡。
 なお、「舞尾」交差点の200mほど西、舞尾橋のそばに「乃木大将記念碑」が立つ。ここが、乃木が軍旗喪失の事実を知らされた千本桜の地。

県道30号
植木学校跡へ向かう県道30号で見る夕景。
マップ・県道30号へ

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。