植木学校と協同隊

 国道3号と国道208号が接する「舞尾」交差点のそばを通る県道30号沿いに、植木学校跡の碑が立っている。

植木学校跡
「舞尾」交差点の約200m東に立つ植木学校跡の碑。

 植木学校とは、明治8年4月26日に開校した「変則熊本第五番中学校」の通称。熊本民権党が中心となり設立され、ルソーの『民約論』を教科書に自由民権主義者を養成し、戦闘訓練も行った。彼らによると、徳川幕府を倒して樹立された新明治政府も、藩閥による新たな専制政府である。それを倒し、自由民権主義による政府をつくることを目指した。

 明治10年2月21日の夕方、民権党の平川唯一と宮崎八郎が川尻に進軍した薩摩軍を訪ね、各隊の道案内を務めることとし、23日には出町学校で「協同隊」を称して一隊を組織した。


軍旗喪失事件

 2月22日、熊本城への攻撃を開始した薩摩軍本営に官軍の応援部隊が熊本に近づいているとの報告が入ると、薩摩軍は協同隊士を道案内として、先発の村田三介隊、続く伊東直二隊を植木へ差し向けた。向坂で待ち受けていた薩摩軍は、乃木希典少佐率いる官軍第14連隊の一部が植木に入ってきたところを林の中から発砲。官軍は一時狼狽するものの、後軍が到着すると今度は薩摩軍が孤立した。しかし、さらにそこへ伊東隊が合流した薩摩軍が攻勢に転じた。

植木天満宮
植木での戦いが開始された植木天満宮。

 退却を決めた乃木は河原林雄太少尉に10人以上の兵をつけて連隊旗を託したが、河原林は戦死し、連隊旗は薩摩軍に渡ってしまった。千本桜の地でその報告を受けた乃木は、死を決し自ら連隊旗をとり戻すため現地に引き返そうとしたが、部下の必死の説得にとどまった。
 乃木はその「軍旗喪失事件」の34年後、明治天皇の大葬当日に自決した。10カ条から成る遺言の最初には、「明治十年之役ニ於テ軍旗ヲ失ヒ其後死處得度心掛候も其機ヲ得ス」とある。

河原林戦死の地
河原林少尉戦死の地。連隊旗は薩摩軍本営に渡った。

 植木学校跡の碑から南へ約500mの植木天満宮に「官薩両軍緒戦之地」の標柱が立つ。「河原林少尉戦死の地」の碑はそこから400mほど進んだ右手にある。さらに南へ向かった自動車訓練場の先の明徳官軍墓地には、向坂の戦いで戦死した熊本・大阪・東京の鎮台・近衛の兵など、120基を超える墓碑が並ぶ。

明徳官軍墓地
明徳官軍墓地。墓碑に戦死者の出身地などを記す。


植木台地

 明徳官軍墓地から国道3号に出て右折し、すぐの「鐙田」交差点を左へ。狭い道沿いに続く家屋が途切れると、JR鹿児島本線の線路と、熊本市と山鹿市を結ぶ自転車道が横切る。踏切を渡れば井芹川(鐙田川)に橋が架かる。

谷間へ向かう道
植木台地上を通る国道3号から西側の谷間へ向かう道。

 植木町の中心部は、国道3号が延びる台地上にある。北区役所の200mほど西側の辺りが標高107mで植木町の国道3号上で最も高く、北へ向かって低くなり宮原地区辺りは標高23mほど。南は植木台地がそのまま京町台地へ続き、その南端に熊本城が立つ。東西は2~4 kmほどの幅で、東は坪井川、西は鐙田川・井芹川が谷間を造る。

 約9万年前、阿蘇火山の大噴火が起こり、その火砕流が植木の地にも及んだ。火砕流は三ノ岳などの金峰山地の麓に堆積し、大きな台地となった。その東側と西側に水の流れができて川となり、やがて堆積前の低さまで浸食し、それぞれ谷を造り出した。その川が坪井川と鐙田川・井芹川であり、間に延びる台地が植木台地である。

寂心さん
「寂心さん」は鹿子木寂心(親員)ゆかりの大樹。

 コースは井芹川の辺りで下りから上りになり、県道101号に出て左へ。道沿いに「寂心さん」と呼ばれる大クスを見て、山並みに向かう道を進み、県道31号の交差点で右折。「長洲港」や「天水」を示す標識に従い左に進むと、吉次峠と半高山へ続く道になる。

植木の眺望
吉次峠に向かう道から見渡す植木の町並み。
マップ・向坂へ

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。