宮本武蔵ゆかりの地

 剣豪・宮本武蔵の人生は謎に包まれていますが、その中で明らかなのが熊本の細川家で過ごした晩年の約5年間です。武蔵が熊本に来たのは寛永17年(1640年)7月、熊本細川藩初代藩主の忠利に客分として招かれてのことでした。
 忠利は徳川家での人質時代に、幕府の剣術師範である柳生宗矩から学び新陰流の皆伝を受けており、剣術に理解が深かった人だったと思われます。
 「兵法三十五箇条」は、武蔵が忠利のために二天一流の兵法について著したものです。しかし忠利は、これが書かれた翌月の寛永18年(1641年)3月17日、56歳の若さで亡くなってしまいます。このことは武蔵に、とても大きな精神的ダメージを与えたようです。
 その2年後に書き始めた「二天一流兵法書」が、後に『五輪書』と称されるようになったものです。2代藩主の光尚のとき、自戒の書とされる「独行道」を書き上げた1週間後の正保2年(1645年)5月19日、武蔵は亡くなりました。
 武蔵が熊本城下で住んでいた千葉城跡の家は、坪井川に架かる六工橋の辺りにありました。葬儀は細川家の菩提寺の泰勝寺で行われ、住職の春山により引導を渡された際に棺が置かれた石が、泰勝寺跡近くの道端に残されています。
 さらに県道337号を大分方面へ5kmほど行った所が、墓所がある武蔵塚公園です。参勤交代で行き来する藩主を見守りたいと、武蔵の遺言に残されていたことから、旧豊後街道沿いのこの地に埋葬されたといわれています。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。