水前寺成趣園・江津湖散歩

 環境省による昭和と平成の「名水百選」で、熊本県からは全国最多となる計8カ所が選ばれています。そのうち熊本市内には「金峰山湧水群」と「水前寺江津湖湧水群」があります。いずれも火山による恩恵といえるものです。
 路面電車の「水前寺公園」電停で下車して徒歩3分ほどのところに出水神社の参道があります。「水前寺」といえば、回遊式庭園で知られる熊本市を代表する観光スポットです。
 正式名称は「水前寺成趣園」といい、庭園は出水神社の境内にあたります。熊本細川藩初代藩主忠利、2代光尚、3代綱利と、長い年月を費やして築き上げられた庭園です。園内には、池の周辺を中心とする所要時間約20分間の散策コースが設定されており、「古今伝授の間」から見る庭園の眺めが最も美しいとされています。
 園内の池に湧出する地下水は、その景観を潤すと園内から流れ出て加勢川となり、1kmほど下流では河川膨張湖となり江津湖を形成しています。
 約9万年前の阿蘇山の大噴火で大量の火砕流が流出し、現在の熊本市の地盤を形成しました。火砕流が造った地層はすき間が多く、地下にしみ込んだ雨水などをろ過するフィルターの役割を果たし、豊富な地下水を生成してくれています。
 水前寺成趣園のそばを流れる藻器堀(しょうけぼり)川から続く加勢川沿いの道を、清らかな水の流れとともに、県立図書館や「くまもと文学・歴史館」を経て、江津湖まで散歩するのもいいでしょう。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。