白川
長六橋から望む代継橋 清正が直結させた白川の区間です。

 九州最大の筑紫平野は、筑後川沿いに広がる筑後平野と佐賀平野から成ります。筑後川は熊本県阿蘇の瀬の本高原を源流とし、大分県日田市を通り、福岡県のうきは市や朝倉市の辺りから中流域になると、南側に耳納(水縄)山地が続き、北側には平地が広がります。久留米市や佐賀県みやき町の辺りから下流域になり、有明海へと流れて行きます。
 この平野部は、筑後川が上流部から運び続けている、阿蘇山の火山灰を主とする土砂により、長い時間をかけて形成された沖積平野です。
 阿蘇カルデラ内の根子岳の麓に源流を発する白川により、筑紫平野と同じように、火山灰などの土砂が運ばれて形成されたのが熊本平野です。熊本平野は阿蘇外輪山の西麓から西へ続く「台地部」と、水前寺成趣園や江津湖、八景水谷辺りから有明海沿岸部までの「低地部」から成ります。
 加藤清正が熊本に来た天正16年(1588年)ごろ、現在の熊本城や繁華街の辺りは、雨が降れば白川がすぐに氾濫する湿地帯だったそうです。地図を見ると、熊本市に入る辺りから白川が蛇行しているのが分かります。水位が高くなりやすい要因でもあります。近年でも、昭和26年8月と平成24年7月に特に大きな被害が生じた氾濫が起きています。
 清正は、京町台地南端に位置する隈本城に入城後、新城と城下町を築きました。その際、城下で大きく蛇行していた白川を直結し、坪井川と分離させました。そのおかげで、現在に続く賑やかな城下町が形成されました。

参照:第7回 熊本市内の川

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。