フェリー
島原港へ向かうフェリー 熊本と島原半島の間の約20 kmの船旅です。

 熊本市が面する海域は「島原湾」と呼ばれることもありますが、一般的には「有明海」で通っているようです。フェリーの定期便は熊本港と島原港および長洲港と多比良港を結ぶ2航路です。ちなみに東京湾には、久里浜港(神奈川県)と金谷港(千葉県)を結ぶ航路があります。
 東京に住んでいた頃、東京湾やその沿岸を走る電車やフェリー、バスを乗り継いで、のんびりと一周することがありました。音楽を聴きながら、本を読んだり車窓からの景色を眺めたりして過ごし、夏の夜にフェリーの甲板で星を見ながら飲む缶ビールが、とりわけ好きでした。
 いつも1人でしたが、一度だけ友人の女性と一緒だったことがあります。特に記憶に残っているのは、騒がしい乗客とわたしのしつこいジョークにイラついていたと、後日、本人の口から聞かされたことでした。
 有明海の旅では、JR熊本駅を発着とすると、まず路線バスで熊本港へ向かいます。フェリーを楽しみ、島原港から500mほどの所にある島原外港駅から島原鉄道で多比良駅まで電車の旅です。さらに多比良港から長洲港まで再度船旅の後、1 kmほど離れた所にあるJR長洲駅から鹿児島本線で熊本駅に向かう、全行程約6時間のコースです。熊本市内の鉄道はもちろん、バスで走る熊本平野や、晴れていれば有明海の海面越しに金峰山地などの眺望を楽しむことができます。
 この旅はまだ実現できていませんが、そのときは1人で行こうと思っています。

参照:第9回 熊本市内の海

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。