小野泉水
小野泉水公園 良実ゆかりの七国神社は鳥居から石段を上った所です。

 小野小町と清少納言といえば、日本の歴史にその名を残す平安時代の名歌人ですが、それぞれの父親は熊本市にゆかりのある人たちです。
 小野小町の父親といわれるのが、小野良実という人です。良実の養父である小野篁が遣唐副使の際、大使の藤原常嗣の身勝手な振る舞いを非難したところ、嵯峨上皇の怒りを買ってしまい隠岐の島(島根県)へ配流となりました。一説に、子の良実も同罪として現在の北区植木町に流され、この地で1年半ほど過ごします。良実が横山という小高い山の山頂に登ったある日、麓の社に七つの神を合祀するようにとのお告げがありました。その社が、小野泉水公園の七国神社です。
 園内には小町像を祭る「小町堂」や小町の歌碑、地下水が湧き出す泉があります。ちなみに、公園がある場所の現在の地名は「小野」です。
 清少納言の父親は、清原元輔という人です。元輔は、国司として肥後国に派遣され、この地で生涯を終えました。歌の名人でもあり、藤崎八旛宮の境内に、「藤崎の軒の巌に生ふる松 いま幾千代の子の日過ぐさむ」という作品が歌碑に刻まれています。社がかつて藤崎台球場の地にあった時の催しで、元輔が詠んだとされる歌です。
 JR熊本駅近くの北岡神社の裏手に元輔を祭る清原神社がひっそりと立っています。ちなみに、清少納言の「清」は清原の姓からとられたもので、また、元輔の子孫に信賢という人がいますが、その娘の子が藤孝、つまり細川幽斎です。

参照:第15回 熊本市内の歴史を刻んだ人物

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。