妙解寺跡
妙解寺跡 熊本細川藩初代藩主・忠利らの墓所があります。

 平成29年秋の衆議院議員総選挙に関する報道の中で、小池百合子東京都知事や旧民進党の主要メンバーが、かつて日本新党の仲間だったことを知りました。日本新党が発足した頃、東京・港区の伊皿子坂に「日本新党」の大きな文字が掲げられていたのを思い出します。
 熊本の人が日本新党と聞いて思い出すのは、党首で内閣総理大臣だった細川護熙さんでしょう。
 細川さんの名前が首相候補に挙がった時、「いつの間に」という驚きとともに、したたかさを感じさせられました。
 細川家のしたたかさといえば、藤孝・忠興・忠利の3代です。藤孝は足利将軍13代義輝の側近を務め、15代義昭と織田信長が対立すると信長につきました。子の忠興の義父にあたる明智光秀が起こした本能寺の変では光秀に加勢せず、隠退します。忠興は信長に仕えた後、豊臣秀吉と徳川家康にも仕え、その子の忠利の時には、熊本54万石という大藩を与えられ明治維新まで存続しました。
 ところで、熊本では細川氏よりも加藤清正の存在感の方が圧倒的に強いように感じます。清正の治世が23年間に対して、約240年もの間、藩主だったにも関わらず、です。熊本で11人の細川藩主の名前を知っている人がどれだけいるでしょうか。11人の藩主にスポットライトを当ててあげられるのは、熊本の人しかいないでしょう。しかし一方で、むやみに目立たないというのも、細川家のしたたかさの表れのような気がしないでもありませんが……。

参照:案内編④細川忠利ゆかりの地

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。