新坂
新坂からの風景 漱石が人力車で通った道を路線バスが運行しています。

 明治29年4月、夏目漱石が現在の上熊本駅に到着しました。迎えに来た友人の菅虎雄宅に人力車で向かう途中、新坂から町の風景を見て「森の都」と口にしたとされていますが、本当に漱石が言ったのかどうかは疑わしいようです。
 ちなみに、漱石が熊本を離れた7年後の明治40年の夏に、与謝野鉄幹ら5人による旅の中で、一行は漱石と同じように上熊本駅から人力車で新坂を下り、同じ風景を眺めています。5人が旅行中に書いた紀行文の『五足の靴』に、次のような記述があります。「坂の上から下の市街を展望すると、まるで森林のようである。が、巨細に見ると、瓦が見えて来る、甍が見えて来る。板塀が見えて来る、白壁が見えて来る。『ああ、熊本はこの数おおい樹の陰に隠れているのだな。』と思いながら、彼方の空を眺めると、夕暮の雲が美しく漂っていて、いたく郷愁を誘われる」。
 東京に生まれ育ち、東京帝国大学を卒業し、愛媛県松山市で過ごしていた漱石にとって、日清戦争が終わった翌年、大陸に最も近い九州の、日本屈指の軍事都市だった熊本の町は、どんなイメージだったのでしょうか。どんな気持ちで熊本行きを決めたのでしょうか。どんな気持ちで熊本に到着して人力車から町の風景を見ていたのでしょうか。
 熊本を離れた8年後、明治41年2月9日付けの九州日日新聞のインタビューで漱石は、当時のことを次のように答えていました。
 「新坂にさしかかると、豁然(かつぜん)として又驚いた、そしていい所に来たと思つた」

参照:第6回 熊本市内の坂

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。