小楠
小楠公園 公園から1kmほどの所に沼山津の四時軒があります。

 元治元年(1864年)2月、英仏蘭米による四カ国連合艦隊からの長州攻撃を猶予させるため、幕府から長崎出張を命じられた勝海舟に坂本龍馬が同行しました。
 一行は大坂から海路で九州へ向かい、当時熊本細川藩の領地だった豊後大分の佐賀関に上陸し、鶴崎や久住、内牧などを経て、熊本城下の新町に宿をとりました。その後、高橋(西区)から川舟で河口まで下り有明海に出て、渡海して明け方に島原に到着します。これが龍馬にとって初めての長崎上陸でした。
 その往復の道中で、龍馬は勝に使いを頼まれて2度、横井小楠を沼山津(東区)の自宅に訪ねています。1度目は神戸海軍塾の情報を伝えることと知行を没収されていた小楠に金銭を届けるためで、2度目には勝の海軍塾に入門する小楠の親族3人を連れて戻っています。翌年の慶応元年(1865年)、鹿児島からの帰途で立ち寄ったのが3度目の訪問でした。しかしその時は小楠との間に長州についての意見が対立し、不幸にも2人は決別してしまいました。
 その年に龍馬は、長崎で海援隊の前身となる貿易会社の亀山社中を設立し、反目していた長州藩と薩摩藩を結びつけるために奔走します。
 長崎出張を終えた帰り道、有明海の船上で、あるいは熊本城の威容を目に城下町を歩きながら、旅の途上で龍馬は何を思っていたのでしょうか。京都近江屋での暗殺まで3年7カ月、大政奉還まで3年6カ月、薩長連合まで1年9カ月の、元治元年4月のことでした。

参照:第15回 熊本市内の歴史を刻んだ人物

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。