湧水
上江津湖の湧水 水前寺成趣園の泉が加勢川となり江津湖となります。

 熊本県は地下水が豊富なことで知られています。名水百選では、合計8カ所が選ばれており、富山県と並び全国一の数の多さです。富山の地下水は、3000m級の山々から成る立山連峰などに降った雨や雪解け水が急流となり、富山湾沿いに形成された複合扇状地の扇頂部で地下に浸み込み、海岸辺りの扇端部で湧き出しているものです。
 それに対して熊本の場合、阿蘇の噴火の火砕流によって造られた地層によるものが多いようです。
 「白川水源」「南阿蘇村湧水群」「池山水源」「菊池水源」は、阿蘇カルデラ内やその周囲にあり、「轟水源」は宇土市、「六嘉湧水群・浮島」は嘉島町にあります。
 熊本市内では2つが選ばれています。「水前寺江津湖湧水群」と「金峰山湧水群」です。水前寺江津湖湧水群は、八景水谷公園(北区)とともに熊本平野の台地部と低地部の境目にあるもので、水前寺成趣園と江津湖の至る所で地下水が湧出しています。金峰山湧水群は、金峰山地そのものが火山であることによるものです。カルデラの内外に散在しており、全部で20カ所が選定されています。
 井芹川沿いの道を通る時、特に夏の暑い日には「鳴岩の湧水」に立ち寄ることがあります。手に水をとり軽く頭に浴びて3、4口ほど飲み、空になったペットボトルがあればそれに水を汲みます。熊本市内にはたくさんの湧水スポットがありますが、飲用できる湧水を見つけたときは、ちょっと得した気分にもなります。

参照:案内編③水前寺江津湖公園

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。