石仏
小峰墓地の「石佛」 泰勝寺跡へ向かう途中で左に入った所です。

 小泉八雲ことラフカディオ・ハーンと夏目漱石には、いくつかの共通点があることで知られています。
 東京帝国大学英文科は、漱石が学び、 ハーンが講師を務めた所です。その ハーンの後任に就いたのは漱石でした。その後、ハーンが講師になった早稲田大学は、漱石の出生地の近所です。2人とも新聞社に勤め、作家でもあり、墓はいずれも東京・豊島区の雑司ヶ谷霊園にあります。もちろん熊本の五高で英語を教えていたことも挙げられます。以前、わたしが熊本市内の2人の足跡を訪ね歩いた時に、ちょっとした共通点を見つけたのでご紹介します。
 現在、資料館になっている中央区内坪井の「夏目漱石旧居」の周囲には、幕末の勤王の志士「宮部鼎蔵」の旧居跡を示す石碑が立ち、勝海舟や坂本龍馬らに影響を与えた「横井小楠」の出生地跡があり、さらに西南戦争で熊本隊の一員として吉次峠で奮闘した「佐々友房」の旧居跡(現在、説明板はなくなっています)があります。
 一方、 ハーンが作品で描いた小峰墓地の「鼻欠け地蔵」のすぐ後ろには「宮部鼎蔵」の墓があり、その近くには「佐々友房」の墓もあります。また鶴屋デパートの裏手の「小泉八雲熊本旧居」がある蓮政寺公園沿いの歩道脇には、「横井小楠」の住居跡を示す標柱が建てられています。2人にゆかりのある場所の周囲に、共通の3人の足跡が残されているのです。
 これも、 ハーンと漱石の共通点というには、こじつけが過ぎるでしょうか?

参照:第3回 熊本市内の文学

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。