アクセス:水城東門跡(大野城市下大利・太宰府市国分)

紹介スポット:水城東門跡・土塁断面広場・西門跡

水城
東門跡から山道を歩いた水城跡展望台から見る水城。

 7世紀半ば、朝鮮半島は新羅・高句麗・百済に分裂しており、660年に新羅が中国の唐とともに百済を滅ぼした。百済の国王らは唐の捕虜となるが、百済兵らは国の再興のため日本に救援を依頼し、かつて日本に人質となっていた王子・豊璋(ほうしょう)の返還を求め、豊璋は百済王となった。
 日本軍は百済の再興を助けるため出兵し、天智天皇2年(663年)、朝鮮半島の白村江で唐・新羅連合軍を相手に戦ったのが、「白村江の戦い」である。
 しかし日本はこの戦いに敗れ、朝鮮半島から撤退する際に、百済の亡命貴族らを連れ帰り、彼らを登用して唐・新羅軍からの攻撃に備え防備を固めた。
 戦いの翌年に築かれた水城は、長さ約1.2 km、幅約80 m、高さ約10 mの大規模な土手と、その前後に設けられた水堀から成る。博多湾から南東方面へ続く福岡平野が最も狭くなった所を水城がふさぎ、城壁としての役割を担った。
 その翌年の天智天皇4年(665年)には、四王寺山(標高415 m)に朝鮮式山城の大野城が築かれた。山麓の大宰府政庁跡の南、約10 kmの基山(標高404 m)山上にも基肄城(佐賀県基山町)の山城跡が残る。
 水城東門跡に「水城跡展望所」があり、山の中へ続く道を10分ほど歩いた「水城跡展望台」からは、西側へ延びる水城の全容を一望にすることができる。またJR水城駅そばに「土塁断面ひろば」、県道31号沿いの「水城ゆめ広場」から徒歩数分の所に西門跡がある。

参考資料: 西南学院大学国際文化学部『大学的福岡・博多ガイド』昭和堂、他

水城の横
東門跡の「水城館」から県道112号を渡った水城跡。
水城の上
「土塁断面ひろば」から水城の上や周囲を散策できる。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。