アクセス:菊池神社(菊池市隈府)

移動手段:徒歩
モデルコース:菊池神社 → 菊池武光騎馬像 → 将軍木

菊池武光像
大保原の戦いなどでの戦歴を持つ菊池武光の騎馬像。

 菊池市中心部の高台にある菊池神社は、後醍醐天皇による鎌倉幕府の倒幕計画に呼応して活躍した菊池氏12代当主の武時と、その子の13代武重および15代武光を主神とする。
 武時は元弘3年・正慶2年(1333年)、幕府の出先機関である鎮西探題(福岡市)を襲撃した際、少弐氏や大友氏の裏切りにより討ち死にした。幕府が滅び建武政権が樹立されると、楠木正成は武時の働きを「忠厚もっとも第一」と評し、武重に肥後守の地位が与えられた。正平3年・貞和4年(1348年)に、懐良(かねなが・かねよし)親王を菊池に迎え征西府が設けられ、同14年・延文4年(1359年)の大保原の戦いで武光が奮闘し、後に九州統一を果たした。
 菊池市民広場には、躍動感あふれる武光の騎馬像が立つ。御所通りの将軍木の大樹は、菊池神社の大祭で懐良親王に見立てられ、正面の菊池松囃子能場で能が奉納される。
 菊池氏は延久2年(1070年)に、大宰府の長官の藤原隆家の孫・則隆がこの地に下向し、菊池を名乗り始まったという。また、鞠智(きくち)城の防備などを行っていた肥後の豪族との説もある。
 天文元年(1532年)に24代武包が亡くなったことで、源平合戦や元寇などに名を刻んだ、450年間を超す菊池氏正統の歴史が途絶えた。
 将軍木の約2 km南の深川の地は則隆が深川館を置いた所。近くには則隆の墓所や菊池氏発祥の碑、地名の由来になった菊之池跡がある。

菊池神社
明治天皇の命を受け、守山城跡に創建された菊池神社。
将軍木
征西将軍の懐良親王が植えたと伝えられるムクノキの将軍木。

菊池氏当主名

初代則隆(のりたか)
第2代経隆(つねたか)
第3代経頼(つねより)
第4代経宗(つねむね)
第5代経直(つねなお)
第6代隆直(たかなお)
第7代隆定(たかさだ)
第8代能隆(よしたか)
第9代隆泰(たかやす)
第10代武房(たけふさ)
第11代時隆(ときたか)
第12代武時(たけとき)
第13代武重(たけしげ)
第14代武士(たけひと)
第15代武光(たけみつ)
第16代武政(たけまさ)
第17代武朝(たけとも)
第18代兼朝(かねとも)
第19代持朝(もちとも)
第20代為邦(ためくに)
第21代重朝(しげとも)
第22代能運(よしゆき)
第23代政隆(まさたか)
第24代武包(たけかね)

参考資料:『菊池市史』、阿蘇品保夫『改訂新版 菊池一族』新人物往来社、他

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。