アクセス:大観峰(阿蘇市山田)

移動手段:クルマ
モデルコース:大観峰→中岳火口→俵山展望所

中央火口丘群
大観峰からカルデラの内側と中央火口丘群を望む。

 阿蘇カルデラは、30万年前から9万年前にかけて起きた、阿蘇火山の大噴火により形成された。その規模は世界最大級で、東西約18 km、南北約25 km、周囲約128 km。噴火時に生じた火砕流は九州中部を覆い、遠くは天草や山口県、愛媛県にまで及んだという。
 その後、カルデラに雨水などが溜まり湖になり、西側で浸食が進み造られた流れが白川。カルデラ内では複数カ所で小規模の火山活動が繰り返され、地面が隆起した。それが阿蘇五岳(根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳)を主とした、複数の山から成る中央火口丘群。
 「阿蘇山」とは1つの山ではなく、この中央火口丘群もしくは外輪山を含むエリア全体を指す。カルデラの端は、東が根子岳の辺り、西と南が俵山などが続く山並みで、北が阿蘇谷の絶壁となる。
 カルデラ北側の大観峰には、涅槃像に例えられる五岳の眺望が広がり、カルデラ内へ下りれば内牧温泉や阿蘇神社などの観光地がある。
 中岳火口へはJR豊肥本線阿蘇駅近くの国道57号の交差点や、阿蘇市立野と南阿蘇村白水から登山道が延びる。火口内を直接のぞき込めるエリアへは駐車場からロープウエーもしくは有料道路で。
 西側の外輪山を走る県道28号沿いの俵山展望所の正面にも、中央火口丘群の雄大な景観が広がる。眼下の南阿蘇村と高森町、および北側の阿蘇市には、カルデラ内に鉄道が敷かれ、数万人規模の人びとが生活を営んでいる。

参考資料:松本徰夫・松本幡郎『阿蘇火山』東海大学出版会、須藤靖明『阿蘇に学ぶ』櫂歌書房、他

中岳火口
時折噴火することもある活動中の中岳火口。
外輪山
カルデラ内で見る俵山方面から南へ続く外輪山の山並み。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。