アクセス:八代神社(八代市妙見町)

移動手段:徒歩
モデルコース:八代神社→妙見中宮

八代神社
元和8年(1622年)、加藤忠広により再建された八代神社。

 明治期以降、「八代神社」と呼ばれるようになった妙見宮の始まりは、天武天皇の時代に妙見神が渡来して、八代市竹原の地に上陸したことによるという。一説に妙見神は、中国の明州(寧波)から日本まで、亀蛇に乗って来たと伝えられる。
 延暦14年(795年)、横嶽山上に上宮が置かれ、永暦元年(1160年)に山麓に国司の平貞能が中宮を創建。さらに文治2年(1186年)、現在の八代神社の地に、後鳥羽天皇の勅願により大江高房が下宮を建てた。
 門前町が形成されるほど繁栄し、江戸時代には「国常立尊」や「妙見菩薩」などと称され、一般に「妙見さん」で通っていたという。
 JR八代駅から東へ向かい、国道3号を経て県道155号に入り、600 mほど進んだ所に八代神社(下宮)がある。大祭「八代妙見祭」は、毎年11月に開催される「九州三大祭り」の1つ。神幸行列では、獅子舞や鉄砲隊、「ガメ」の愛称を持つ亀蛇などが町を練り歩く。
 下宮から中宮への神幸などの行事は、16世紀には行われており、豊臣秀吉支配の頃に一旦途絶えたというが、寛永9年(1632年)の加藤氏改易後、八代城に入った細川忠興が御輿を寄進するなどして再興され、名代の松井氏に引き継がれた。
 妙見祭で実際に使用された亀蛇が展示される八代神社の境内から妙見中宮へは、鳥居の前に延びる道を南へ向かう。300 mほど歩くと水無川沿いの道。懐良(かねなが・かねよし)親王の陵墓の横を過ぎた先の木立の中に妙見中宮がある。

参考資料:『八代市史』、他

亀蛇
「亀蛇」とはカメとヘビが合体した想像上の生き物。
妙見中宮
懐良親王陵を水無川上流側へ向かった所にある妙見中宮。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。