アクセス:JR人吉駅(人吉市中青井町)

移動手段:徒歩
モデルコース:青井阿蘇神社→永国寺→人吉城跡→願成寺

人吉城跡
三日月文様の石が出たことから繊月城ともいう人吉城跡。

 青井阿蘇神社は人吉を代表する見どころの1つ。国宝の本殿や拝殿などから成る社殿は、相良氏20代当主の長毎により造られたもの。球磨川の先には9代前続開基の永国寺、その山門正面を直進して胸川を渡った所に人吉城跡がある。
 相良氏以前の人吉城は、平頼盛の代官・矢瀬主馬助の居城だった。鎌倉時代の建久9年(1198年)、源頼朝に人吉下向を命じられた相良長頼が、矢瀬氏を攻めて入城した。
 人吉相良氏の初代はこの長頼とされるが、先の建久4年(1193年)に、父の頼景が多良木に下向している。後にこれを上相良、長頼の流れを下相良と呼ぶが、やがて対立して文安5年(1448年)に上相良が滅んだ。
 相良氏は人吉を拠点に、現在の人吉・球磨地域などを支配し、一時は八代方面などへも進出した。
 豊臣秀吉による島津征伐や、関ケ原の戦いの際に存続の危機にさらされたが、家臣の深水宗方(ふかみむねかた)や犬童頼兄(いんどうよりえ・相良清兵衛)らの働きにより領地の安堵を得た。その後、熊本・薩摩の大国に挟まれたわずか2万石ほどの小国でありながら、廃藩置県まで存続した人吉相良氏は、約700年間もの歴史を刻んだ。
 人吉城にもともと天守閣はなく建物は残されていないが、迫力ある石垣が目を引く。対岸に乗り場が見える球磨川下りは、22代頼喬の時の大工事で舟運が可能となったことによる。くま川鉄道相良藩願成寺駅の近くには、初代長頼ら歴代相良家当主が眠る願成寺が立つ。

参考資料:『人吉市史』、尾方保之『概説相良藩』人吉中央出版社、他

青井阿蘇神社
大同元年(806年)9月9日に創建された青井阿蘇神社。
人吉城の石垣
約50年の歳月をかけて完成されたという人吉城の石垣。

相良氏当主名

初代長頼(ながより)
第2代頼親(よりちか)
第3代頼俊(よりとし)
第4代長氏(ながうじ)
第5代頼広(よりひろ)
第6代定頼(さだより)
第7代前頼(さきより)
第8代実長(さねなが)
第9代前続(さきつぐ)
第10代堯頼(たかより)
第11代長続(ながつぐ)
第12代為続(ためつぐ)
第13代長毎(ながつね)
第14代長祗(ながまさ)
第15代長定(ながさだ)
第16代義滋(よししげ)
第17代晴広(はるひろ)
第18代義陽(よしひ)
第19代忠房(ただふさ)
第20代長毎(ながつね)
第21代頼寛(よりひろ)
第22代頼喬(よりたか)
第23代頼福(よりとみ)
第24代長興(ながおき)
第25代長在(ながあり)
第26代頼峯(よりみね)
第27代頼央(よりひさ)
第28代晃長(あきなが)
第29代頼完(よりさだ)
第30代福将(とみもち)
第31代長寛(ながひろ)
第32代頼徳(よりのり)
第33代頼之(よりゆき)
第34代長福(ながとみ)
第35代頼基(よりもと)

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。