アクセス:JR熊本駅(熊本市西区)

移動手段:徒歩
モデルコース:石塘→代継橋→長塀→長六橋

石塘
熊本城の堀の役割も担った坪井川と白川の間に石塘が通る。

 阿蘇根子岳に流れを発する白川は、幹川流路延長約74 kmの一級河川。阿蘇カルデラ内の南郷谷を経て、立野で黒川と合流し西へ向かい、熊本市の中心部を貫き有明海に注ぎ込む。
 菊陽町と熊本市の境辺りから子飼橋までの間には、15ほどの大きなカーブが連続し、繁華街に近い大甲橋付近は、川底が周囲の地面より高い天井川になっている。
 白雉3年(652年)から洪水の記録が残り、422人の死者・行方不明者を出した昭和28年6月26日の被害が特に甚大だった。阿蘇の火山灰が川に流れ込み、大量の水が泥土とともに熊本市中心部などにあふれ出した。
 JR熊本駅近くを流れる白川と坪井川の間には、加藤清正が洪水対策のために築いた石塘(いしども)に道が延びる。清正が入国した頃、熊本城下で坪井川と井芹川が白川に注ぎ、雨量が多いと一帯は水びたしになっていたため、これらの河川を分離した。井芹川は昭和初期の改修工事で花岡山の西側へ移された。
 かつての白川は、代継橋の辺りから北へ向かい、厩(うまや)橋付近で坪井川と合流し1 kmほど下ると南へ戻り、長六橋辺りで再び西へ向かっていた。清正はこの迂回した区間を埋めて直結させ、一方で坪井川を延長した。
 熊本市中心部で、埋め立てられた白川の流路は3 kmほど。代継橋からシャワー通りを経て、下通り商店街を抜ける。電車通りに出て左へ向かい、厩橋から坪井川沿いを下流へ。船場橋から万歳橋を経て再び電車通りに出ると長六橋が近い。

参考資料:『熊本市史』、国土交通省九州地方整備局「白川水系河川整備計画」、他

長塀沿いの道
熊本城の須戸口門・櫨方門間に延びる長塀と坪井川沿いの道。
長六橋
長六橋の白川上流側。代継橋との間を清正が直結させた。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。