アクセス:熊本県立装飾古墳館(山鹿市鹿央町)

移動手段:クルマ
モデルコース:岩原古墳→鍋田横穴群→チブサン古墳

鍋田横穴群27号横穴
手足を広げた人物像が確認できる鍋田横穴群27号横穴の装飾。

 全国の古墳20万基以上のうち装飾古墳は約660基で、その半数以上が九州にあるという。熊本県内には約3割にあたる200基ほどが点在しており、県中央部と北部に多い。山鹿市などを流れる菊池川流域では、120基ほどが確認された。
 装飾古墳は石棺や石室、横穴墓の壁面に絵画や彫刻を施したもの。5世紀以降に九州北部で造られ始め、後に東北地方まで広がっていった。
 古墳時代の九州北部には、筑後川流域の筑紫君と八代周辺の火君、2つの大きな豪族があった。菊池川流域は筑紫君の彩色文化圏だったが、継体天皇22年(528年)の筑紫国造磐井氏の反乱が鎮圧されると、火君の彫刻文化圏の影響が現れてきたという。
 山鹿市の岩原台地に立つ「熊本県立装飾古墳館」の周辺には、全長107 mに及ぶ県内最大級の前方後円墳の岩原双子塚古墳や、大小13の円墳から成る岩原古墳群がある。
 菊池川を挟んだ北側の鍋田横穴群27号横穴は、装飾を間近に見ることができる古墳。外壁に両手を横に広げた人物像や、弓矢、馬、盾などが彫られている。入り口に描かれたものに武具類が多いことから、被葬者を守るための魔除けなどの意味が込められているという。
 さらに北にあるチブサン古墳は、6世紀初期のものとみられる墓。石棺の壁の文様が乳房の形に見えることから名付けられた。「産(うぶ)さん」に由来するとされるオブサン古墳とともに、「お産」の神様として信仰の対象にされていたという。

参考資料:『山鹿市史』、他

石屋形のレプリカ
チブサン古墳の駐車場横に展示されている石屋形のレプリカ。
岩原双子塚古墳
装飾古墳館前の岩原双子塚古墳。背後の山並みは筑肥山地。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。