アクセス:通潤橋(上益城郡山都町)

移動手段:クルマ
モデルコース:通潤橋 → 霊台橋 → 石匠館

霊台橋
全長約90メートルの霊台橋。単一アーチ式石橋として日本最大。

 全国約1350基の石橋で江戸時代に築かれたのは426基、そのうち熊本の石工の岩永三五郎が54基、橋本勘五郎が50基を架けたという。
 熊本に石橋文化が根付いたのは、加工しやすく丈夫な、石橋に適した阿蘇溶結凝灰岩が豊富なことに加えて、「種山石工」と呼ばれる石橋造りの名工がいたことが大きな要因だった。
 天明年間(1781~1789年)、長崎のオランダ人に石橋造りを学んだ藤原林七が種山村(八代市東陽町)で技術を習得し、種山石工の祖となった。
 熊本を代表する2つの石橋が、山都町の通潤橋と美里町の霊台橋。通潤橋は、水不足に悩まされていた白糸台地の人びとのために、惣庄屋の布田保之助(ふたやすのすけ)が尽力して造ったもの。さらに国道218号を西へ向かった緑川に架かる霊台橋も、篠原善兵衛(ささはらぜんべえ)という惣庄屋が手掛けた。いずれも種山石工によるもの。
 国道218号から国道443号に入り、氷川の流れに沿うようにクルマを走らせると、やがて種山石工のふるさとの八代市東陽町。周辺に林七らが築造した石橋が残る「石匠館」では、石橋造りや種山石工などについて紹介。道を挟んだ向かいには橋本勘五郎の生誕地がある。
 勘五郎は明治6年に政府に招かれ土木寮勤めとなり、浅草橋や万世橋の建造に携わった。熊本に戻ると熊本城下を流れる坪井川に、明治8年に明八(めいはち)橋、明治10年に明十(めいじゅう)橋を架けた。

参考資料:蓑田勝彦『熊本歴史叢書4』熊本日日新聞社、山口祐造『石橋は生きている』葦書房、他

通潤橋
通潤橋を見守るように立つ布田保之助の像。
鍛冶屋下橋
藤原林七により築造されたという鍛冶屋下橋。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。