背を向けたキリシタン像  

3体のキリシタン像
3体の像は昭和50年代にはここにあったそうです。

 原城本丸跡に立つ十字架のすぐ後ろは、崖になっています。そこに設けられた柵の先には、小さな3体のキリシタン像が背中をこちらに向けて置かれています。その後ろ姿を見ていると、正面からの姿も見たくなってきますが、柵の中に入るわけにもいきません。そのことにわずかなもどかしさを感じます。
 誰が、いつ、何のために置いたのか、地元の方に尋ねてみましたが、分からないそうです。そこで像の視線の先、海原の向こうにある天草(熊本県)の湯島と大矢野島に行ってみましたが、やはり何も分かりませんでした。
 数年にわたる凶作や、それでも容赦のない権力による収奪や弾圧で、変わらない苦しい生活に強いもどかしさを感じた人びとの、その末の救いを求めての信仰であり、蜂起だったのでしょう。
 原城本丸跡で感じさせられた小さなもどかしさは、島原・天草一揆などで亡くなっていった人たちをしのぶ、よすがのような気がしました。
(平成30年11 月訪問 )

フロイスの日本生活の始まり  

横瀬浦
八ノ子島の十字架が横瀬浦に入港するポルトガル船の目印でした。

 ヨーロッパ各地に散逸していた、ルイス・フロイスによる日本に関する記録の写しにより、昭和52年に日本語訳『日本史』が出版されました。織田信長や豊臣秀吉などの権力者のみならず、一般庶民とも直接関わったフロイス自身の見聞などをまとめた、膨大な記録です。江戸時代の禁教政策により、キリスト教関連の資料はことごとく失われていたこともあり、とても貴重なものです。
 フロイスが1563年7月6日にポルトガル船で宣教師として来日し、初めて上陸した所が西彼杵半島北端の横瀬浦でした。
 当時、この小さな集落に全国からキリスト教徒や商人らが集まり、クリスマスや復活祭の祝いは盛大に行われたそうです。
 フロイスもこの地で改宗を望む者たちに洗礼を授けていましたが、上陸した翌月に焼き討ちに遭い、横瀬浦は一夜にして灰燼に帰しました。後半生のほぼ全てを日本で過ごしたフロイスが、その生活を始めてわずか42日目のことでした。
(令和5年1月訪問)

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。