アクセス:相生橋(伊万里市伊万里町)

移動手段:徒歩
モデルコース:相生橋→松島橋→延命橋

旧伊万里津
松島橋から上流側に見る旧伊万里津。左岸に商家があった。

 かつて人家も少なかった伊万里の浦は、文禄・慶長の役の際、鍋島氏の出兵基地に使用されたことで、港としての整備が進んだ。
 大きく発展したきっかけとなったのが、内陸部に十数 km入った山里で、日本初の磁器生産が始められたこと。寛永年間(1624~1644年)の頃から、有田をはじめ波佐見や三川内などの肥前地域で作られた磁器が、「伊万里焼」として伊万里津から積み出されていった。
 伊万里焼は、主にオランダ東インド会社により、長崎の出島を経て東南アジアやヨーロッパなどに輸出された。動乱により中国の磁器の輸出が困難になると、その代わりとして日本の磁器に対する需要が高まり、万治2年(1659年)ごろから輸出量が増大した。
 しかし、18世紀になる頃には中国の輸出が再開し、ヨーロッパの窯が発展したことなどにより伊万里焼の輸出が衰退。その一方で伊万里や紀州(和歌山県)、筑前(福岡県)などの商人により、国内向けの出荷が本格化した。
 肥前磁器は伊万里津から積み出されたため「伊万里焼」と呼ばれたが、明治30年に鉄道が開通して直接出荷ができるようになると、「有田焼」や「波佐見焼」などと産地名で呼ばれるようになった。
 往時、近くに船着き場があった相生橋を中心に、下流側の松島橋や上流側の延命橋周辺の伊万里川沿岸には、陶器商家などの白壁土蔵造りの建物が並んでいた。川沿いの歩道や橋上では、伊万里焼の壺やデザインされたタイルなどが目にできる。

参考資料:伊万里市陶器商家資料館「白壁」、伊万里市観光協会「伊万里のまち探検マップ」、他

相生橋に飾られている伊万里焼の大壺。
文政8年(1825年)築の白壁土蔵造りの建物。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。