アクセス:JR小城駅(小城市三日月町)

移動手段:クルマ
モデルコース:JR小城駅前→村岡総本舗羊羹資料館

小城駅から須賀神社までのエリアに20を超す羊羹店がある。

 安土桃山時代に長崎で砂糖が輸入されるようになると、砂糖を使った菓子も日本にもたらされるようになった。長崎と小倉(北九州市)を結ぶ長崎街道により、中国や朝鮮、ポルトガル、オランダなどから渡ってきた、新しい菓子が各地に運ばれ、街道沿いやその周辺の町では、製菓が独自に発展した。
 代表的なものには、長崎の「カステラ」、諫早の「おこし」、北九州の「コンペイトウ」などがある。佐賀県のエリアでは、中国伝来の「逸口香」や、ポルトガルのボーロが基になった「丸芳露」などの菓子が受け継がれてきた。
 小城名物の羊羹は一説に、明治の初め、森永惣吉が大坂で小豆の煮方を学んだことをヒントに製造が始まった。
 日清・日露戦争では、軍隊の甘味品として需要が増大し、それにともない店舗も増えていった。第2次世界大戦中には、原料の砂糖や小豆の入手が困難となり、ほとんどの店が閉店に追い込まれたものの、海軍の専属工場となった、東京の虎屋と小城の村岡だけが製造を継続できたという。
 小城の町には、JR唐津線小城駅から北側のエリアを中心に、羊羹を取り扱う店舗が点在する。駅前から延びる通りでは、羊羹店の看板をよく見かけられる。
 国道203号との交差点を過ぎた1 kmほど先には、直線状に延びる階段が印象的な須賀神社のそばに、「村岡総本舗羊羹資料館」が立つ。建物は昭和16年に砂糖の貯蔵庫として建てられたもので、館内では羊羹の歴史や製法などを紹介している。

参考資料:「小城羊羹協同組合創立60周年記念誌」、八百啓介『砂糖の通った道』弦書房、他

小豆や砂糖などのシンプルな原料で作られる切り羊羹。
村岡総本舗羊羹資料館
歴史を刻む「村岡総本舗羊羹資料館」の建物。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。