アクセス:国道385号沿いの駐車場(神埼郡吉野ヶ里町)

紹介スポット:霊仙寺跡

茶畑
江戸時代に僧坊が営んでいたという茶畑が残る。

 日本における茶の栽培は、延暦24年(805年)に最澄(伝教大師)が唐から茶を持ち帰り、比叡山山麓(滋賀県)に植えたのが始まりとされる。
 その後中断されたが、鎌倉時代初期の建久2年(1191年)、仏教の修行のため宋に渡っていた栄西が帰国して、脊振山に茶を植えるなどして再び栽培されるようになったという。その際、日本になかった抹茶の作法ももたらされた。
 平安時代から江戸時代にかけて、脊振山の中腹部辺りは、九州で英彦山(福岡県)や六郷満山(大分県)と並ぶ山岳仏教の聖地。その中心だった和銅2年(709年)開基の霊仙寺の一帯は、江戸時代まで「脊振山」と称され、「脊振千坊」と呼ばれるほど多くの僧坊があったという。戦国時代の終わり頃から荒廃していくが、江戸時代になると佐賀藩の援助もあり復興した。しかし明治維新後、藩がなくなったことで援助も途絶え、事実上の閉山となった。
 神埼市や吉野ヶ里町と福岡市を結ぶ、山越えの国道385号の途中にある駐車場の脇に、霊山寺跡の案内板が立つ。木々の中に続く「森林浴歩道」を歩いて行くと、「石上坊跡」と「乙護法堂」への分岐。
 石上坊は、霊仙寺の数ある僧坊の1つで、栄西が滞在し、茶を植えたという所。
 「乙護法堂」方面へ進んで行くと、やがて「筑前街道」を示す標識のそばの斜面に茶畑が広がる。上りの階段の先には、嘉永5年(1852年)に建てられたという霊仙寺乙護法堂、その前には「日本最初之茶樹栽培地」の碑が立つ。

参考資料:村井康彦『茶の文化史』岩波新書、他

乙護法堂
乙護法堂の周辺に約90の僧坊などがあった。
石上坊
唐帰りの栄西が茶を植えたという石上坊の跡。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。