アクセス:JR上有田駅(西松浦郡有田町)

紹介スポット:武雄温泉楼門・鍵形道路

旧塚崎宿
大名などが宿泊する本陣が置かれていた武雄の旧塚崎宿。

 長崎街道は江戸時代、豊前小倉(北九州市)と長崎を結んでいた全長約230 kmの道で、その間に25の宿場が置かれていた。脇街道ではあるが、西洋文明の入り口として多くの人びとが往来した。当時、長崎・小倉間は、7泊8日の旅程だったという。
 旧宿場とともに小倉から長崎へ街道をたどると、木屋瀬や飯塚などを経て、鳥栖市の田代で佐賀県域に入り、轟木・中原・神埼・境原を通り、佐賀市の城下となる。さらに西へ、小城市の牛津を過ぎて、街道は大村湾沿いのルートと有明海沿いのルートの2つに分かれ、永昌で合流して長崎へ向かう。
 この2つのルートの、それぞれの途中にある嬉野と鹿島を脇道が結び、さらにその途中の塩田から北上して北方に続く脇道もあった。
 北方から塩田を通る嬉野へのルートは、水害で道が閉ざされることが度々あったため、享保2年(1717年)から武雄温泉がある塚崎(柄崎)を通るルートに変更された。
 宿場が置かれる以前、12世紀には温泉場として開かれていた武雄では、旧長崎街道が温泉街の中心部を貫き、周辺には当時の面影がわずかに残る。楼門そばから旧街道を長崎方面へ向かった所にある「鍵形道路」と呼ばれる道は、敵に攻め込まれたときに、その勢力をそぐためのもの。
 街道を行き来する多くの旅人たちが浸かったであろう武雄温泉は長い歴史を刻み続け、大正4年に唐津市出身の辰野金吾が設計した赤い楼門が、町のシンボルとして観光客らを出迎えている。

参考資料:武雄市歴史研究会「長崎街道(柄崎宿周辺)みてあるき」武雄市商工観光課、他

武雄温泉
塚崎宿は長崎街道を行き交うの旅人の疲れを温泉で癒やした。
旧街道の面影をかすかに残す新町地区。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。