アクセス:吉野ヶ里歴史公園(神埼郡吉野ヶ里町)

紹介スポット:吉野ヶ里歴史公園

吉野ヶ里歴史公園
集落への人の出入りは高所から兵士により監視されていた。

 吉野ヶ里遺跡は、北側に脊振山地を望む、吉野ヶ里町と神埼市にまたがる丘陵地に見つかった弥生時代の遺跡。現在は「吉野ヶ里歴史公園」として、遺跡の保存や復元、展示などを行っている。
 この地からは、弥生時代の大規模な環壕集落が出土した。一般に「環濠集落」とは、周囲を水堀や空堀で囲んだ集落のこと。ここでは、弥生時代前期に生じた小規模な集落が、後期になり40ヘクタールを超える国内最大規模の環壕集落に発展したという。
 「南内郭」では、竪穴住居や物見櫓など20の建物が復元され、その周囲を壕が取り囲む。住居の中では調度などが備えられ、当時の人びとの暮らしぶりを再現。南内郭そばの「展示室」では、染色された衣服や、剣や宝飾品などを紹介している。継ぎはぎだらけの大きな甕は、発掘された実物の埋葬用の棺。
 「北墳丘墓」は、南北40 m、東西30 mほどの規模で、首長など身分の高い人たちの墓と考えられているもの。ここでは掘り起こした土の断面に、本物の14基の甕棺を置き、発掘時の様子を分かりやすく展示。その北の「甕棺列墓」では、全長約300 m、約500基の甕棺から成る墓の列を復元している。
 吉野ヶ里遺跡では、3000基以上の甕棺墓、370基以上の土壙墓や木棺墓とともに350体以上の人骨も見つかった。その中には、頭部のないものや、10個の矢が射込まれたものもあった。
 物見櫓や環壕が設置されたことからも、収穫物などを巡る争いが想像される。

参考資料:吉野ヶ里公園「特別遺跡吉野ヶ里遺跡」、他

環壕
水の跡が認められないため「環壕」と表記される。
甕棺
かけらを組み合わせて再現された甕棺。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。