アクセス:祐徳稲荷神社(鹿島市古枝)

紹介スポット:祐徳稲荷神社

衣食住を司る稲荷大神こと倉稲魂大神を祭る祐徳稲荷神社。

 商売繁盛、家運繁栄などの祈願に来る人びとは年間300万人に上るという、「日本三大稲荷」の1つに数えられる祐徳稲荷神社。鹿島藩3代藩主鍋島直朝の妻・萬子が稲荷大神を勧請したことに始まる。萬子は後陽成天皇のひ孫で、左大臣だった花山院定好と関白だった鷹司信尚の娘との間に生まれた。
 寛文2年(1662年)、輿入れの際、邸内に祭られていた稲荷大神の分霊を父から与えられ、貞享4年(1687年)、2人の子を若くして亡くしたことをきっかけに出家をして、社殿を建てて勧請した。宝永2年(1705年)には、石壁山に自らの墓を築き、80歳で亡くなった。おくり名は「祐徳院殿瑞顔実麟大師」。
 南北に延びる多良岳山系の2つの山並みが造る谷間に浜川が流れ、その西側の山麓に稲荷神社特有の朱色の社殿群が大きく映える。
 一対のキツネの像に迎えられ橋を渡り楼門をくぐると、神祭殿、岩崎社の前を通り、上り参道で本殿へ。その横から続く階段を進むと、萬媛命として萬子を祭る石壁社、さらに昭和初期まで稲荷神社の本殿だった命婦社の社殿などを経て、本殿辺りから300 mほどで奥の院に到着する。社の前からは浜川沿いに続く町並みが見える。
 社殿群から浜川を渡った所にある「祐徳博物館」では、祐徳稲荷神社や、鹿島藩の歴代藩主などに関する展示が行われている。
 その先の「外苑東山つつじ苑・花園」では、展望所から稲荷神社の社殿群を一望にすることができる。

参考資料:「祐徳稲荷神社 四季のご案内」、他

本殿から山道を上り詰めた奥の院。
石壁社
37歳で直朝に嫁いだ萬子を祭る石壁社。

※当サイト記載の内容は、作成時点までの信頼できると思われる情報に基づいて作成していますが、正確性等について保証するものではありません。利用者が当サイトにより被ったとされるいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供者は一切責任を負いません。ご自身の判断と責任においてご利用下さい。